お家の屋根は一番痛みやすいですが、だからこそ住宅の最も気を使わなくてはいけいあ箇所でもあります。

 

通常だと価格重視などもありますが、価格を下げると、急いで工事を行い工期を短縮させた工事となります。

雨などが振り、少し工程が伸びただけで、その経費削減の為に色々業者をみた事があります。

 

そいいった場合での、今回は塗装での屋根の修繕に関してのお話をお伝えさせて頂ければと思います。

屋根に関しての塗装これは、鉄や工板のサビの発生を遮断する目的でのコーティングの役割をしています。

塗膜がなくなった場合ですが、サビが発生しそこから、穴が開き雨漏りが発生することが一連の流れとなっています。

ですので、塗膜が剥がれない、もしくは剥がれそうになり劣化が見られると、また新しく塗膜を構築するといった工事ですが、今回は工事会社からの目線でご説明させて頂ければと思います。

 

まず忙しい職人が塗ると工事を急ぐので屋根の釘箇所や屋根のつなぎ部分等を雑に歩き構造までの心配やそういった、鉄や仕組みを考えず「只綺麗に塗装」するという。

 

「屋根を守る金属の板の重なり合った弱い鉄板の為のコーティング」

なのに

「綺麗に塗る」

という。

塗装だけでの考え方に陥りやすいのが職人さんでいます。

もちろん、塗装にしっかりするのはもちろんですが、塗装業界に住宅の屋根材のたわみや衝撃や釘位置から屋根柱の構造まで考えて、しっかり、屋根を守るという考え方を持った職人はたくさんいるでしょうか?

 

ですので、その場合は、しっかりと施工管理費用ができる会社だと安心といえます。

また工事前の写真と工事中の資料また工事完成後の立会検査を工事完了報告書を提出する会社はしっかりとしています。

このような事がない場合は、屋根の塗装は綺麗になっても構造が傷んでします場合があります。

 

そのような事も工事開始前や、見積もり段階にて質問される事をお勧め致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です