9ヶ月ぶりの更新になりますね…。
もうちょっときちんと記事更新したいものです。
札幌屋根修理.com、工事担当の鈴木です。

さて、久しぶりでは有りますが、早速内容に入りたいと思います。
今季は1月の頭あたりまでは気温は高めだとのことなので、この期間に家を守るための屋根のメンテナンスを可能な範囲でやっていきましょう!
さすがにこれから塗装というのは、気温も低いですしあまりオススメ出来ません。
屋根の塗替えを行う場合は春以降で計画を立ててみるのがいいかと思います。

その一方で、これからやっても効果があるメンテナンスがあります。
というか、まだ今季していないのであれば是非行って下さい!!
後悔してからでは遅いです。本当に。

そのメンテナンスとは、簡単、お掃除です。
屋根の上の掃除をしましょう
三角屋根の家でしたら屋根の上に色々貯まることはありませんが、無落雪屋根となると話は別です。
屋根面は平らですし、雪が落ちないようにフチもあります。
加えて溶けた雪を流すためのダクトもあったりして、ゴミが溜まりやすい作りになっています。

風で飛んできたり、鳥がくわえて来たり、別に汚そうと思っていなくても無落雪屋根の上はゴミが溜まる機会が多いのです。
それをそのまま放っておくと、ダクトを詰まらせたり雪が溜まりやすくなったり、屋根材の劣化や雨漏りの原因にすぐなってしまいます。
そのため大雨シーズン前と雪のシーズン前には最低限お掃除しておきたいものです。

去年も何もしなくても大丈夫だったし、というのは本当に危ないので、それならば今年こそはするべきです!
去年何もしていないということはその分溜まっている、と考えて下さい。

雨漏りはもちろん原因にもよりますが火災保険によって修繕は行えます。
ですが家財に関しては最低限のプランでは基本的に補償されません。
家電が、大事な家具が、高価なラグが水浸し…、そんなリスクを抱えたまま屋根のメンテナンスを行わないのはオススメ出来ません!
見るくらいであればお客様ご自身で行ってもいいかもしれませんが(危険はもちろん伴うのでできればご依頼頂きたいです。)、屋根の上での作業は万が一がつきまといます。
そういうことは専門の業者に任せてしまいましょう!

本格的に雪が積もる前に、屋根の上、お掃除しませんか?

そして安心して冬の間を過ごしましょう!

屋根のメンテナンスに関しては是非弊社、札幌屋根修理.comへご依頼下さい。

よろしくお願いします!

 

鈴木でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です