おはようございます。
工事担当鈴木です。

さて、前回雪解け氷が原因の雨漏りのお話をしましたが、最近あった雨漏り案件が別な理由だったので今回も雨漏りです!
雨漏り、っていうと屋根や壁に隙間が出来たり、前回のように氷によってダムが出来たり、といった原因が多いですが、今回は違いました。

無落雪の屋根だったのですが、登ってみるとダクトの中は水がいっぱい、屋根面がプールにこそなっていませんでしたが、ダクト凍っちゃったかな?と思いました。

が!

原因はなんのことはない、飛来物がダクトの穴を塞いでいたことでした。
案外この原因多いんですよね。
落ち葉とかが舞い上がって屋根の上に溜まってしまい、それが雨水等でダクトに集まって穴を塞ぐ…。
基本的にはそういったことを防ぐために、「すのこ」のようなものでダクトの上を覆ったりするのですが、今回はその「すのこ」もいつの強風の影響か、はたまた雪の影響かずれてしまっていました。
原因としては非常に単純で、解消も簡単なんですが、引き起こす被害は甚大…。
発生してしまった雨漏りの怖いところはこれですね。

発生してからではそれを修復するのに結構な費用がかかってしまいます。
ですが年に数回屋根をチェックして、ゴミの除去くらいは行っておけば雨漏りリスクは下げられます。
お客様ご自身でチェックされる方も多いですが、屋根に登るのはもちろん危険なので出来れば私共のような専門の業者に依頼して頂きたいです。
そうすればダクト詰まり以外の問題も発見出来ますし、雨漏りリスクはさらに下げられます!

他の工事に関しても同様ですが、何かが起こってから対処すると金額がどうしても大きくなってしまいます!
起きる前に予防して、不安のない生活を送りましょう!!

 

鈴木でしたー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です